|遺言書作成の流れ
当事務所での遺言書作成の主な流れは以下のとおりです。
1:事前のカウンセリング
遺言書作成に必要な基本的な質問とポイントについてのアドバイスをさせていただきます。
2:遺言書作成支援契約
契約内容とご依頼の意思を確認したの後にご契約となります。
3:戸籍の収集と資産の調査・財産目録の作成
財産を特定したり権利関係を確認したりするために不動産や預貯金などについて調査し資料を作成します。
4:税理士・司法書士など専門家チームによる遺言内容の確認
調査、作成した資料を基にお客様の意思を尊重する形で遺言書の文案を作成します。
5:必要書類の準備
遺言作成者の実印や証人に関する情報をあらかじめメモに控えておくなど必要書類を準備します。
6:証人2人の立会いの下、公証役場での遺言書の作成
証人2人の立会いに関しては、担当税理士や担当スタッフなどが同行して証人となることも可能です。
|公正証書遺言作成時の必要書類
公正証書遺言を作成する際に必要な主な書類は以下のとおりです。
     
・相続分の指定や遺産分割方法の指定など
・市区町村役場で実印登録をしている印鑑
     
・3ヶ月以内に発行されたもの
・遺言作成者と相続人との関係が分かるもの
     
・不動産を特定できるもの
・不動産の評価額が分かるもの
     
・譲り渡す財産が特定できる口座など
・車などはその財産が特定できる資料など
・証人の名前、住所、生年月日、職業のメモ
・遺言執行者を指定する場合も同じ
|公正証書遺言作成費用
公正証書遺言を作成する際の手数料は、遺言の対象となる財産の価額に応じて決まります。
 遺言する財産の価額公証人手数料
公正証書作成 100万円まで 5,000円
200万円まで 7,000円
500万円まで 11,000円
1,000万円まで 17,000円
3,000万円まで 23,000円
5,000万円まで 29,000円
1億円まで 43,000円
3億円まで 5,000万円ごとに1万3,000円加算
10億円まで 5,000万円ごとに1万1,000円加算
10億円超 5,000万円ごとに8,000円加算
遺言書作成 目的の価額が1億円以下 1万1,000円を加算
※手数料は財産を譲り受ける人ごとに計算し合計します
|関連ページ