|相続手続きの流れ
相続が発生した際の主な手続きの流れは以下のとおりです。
1:死亡届の提出
7日以内に市区町村役場へ死亡届を提出します。
2:遺言書の確認と検認
遺言書の有無について確認し、遺言書がある場合は家庭裁判所で遺言書を検認してもらいます。
3:相続人と相続財産の確認・確定
誰が相続人であるか法定相続人の確定とどの様な財産があるか相続財産を確定します。
4:相続放棄・限定承認の手続き
相続放棄を行う人いる場合は相続を知ってから3ヶ月以内に家庭裁判所で手続きします。
5:準確定申告の手続き
相続の開始を知った日から4ヶ月以内に被相続人の代わりに確定申告をしなければなりません。
6:遺産分割協議と遺産分割
遺言書がなかった場合などは、相続財産を「誰に」「何を」「どの位」分配するか確定します。
7:相続登記
不動産を相続した場合は、義務ではありませんが子孫のためにも相続に伴う登記変更を行ってください。
8:相続税の申告と納付
相続の開始を知った翌日から10ヶ月以内に税務署に申告してください。
|相続に必要な書類
相続手続きの際に必要な主な書類は以下のとおりです。
 
・被相続人の戸籍謄本と住民票
・相続人の生存確認のため必要
 
・遺産分割をする場合に必要
・3ヶ月以内に発行されたもの
 
・不動産を特定できるもの
・不動産の評価額が分かるもの
 
・相続登記の申請の際に添付
・遺言書、特別受益証明書など
|関連ページ